クレニオセイクラルセラピー はるのいざない

新宿御苑・神宮外苑・明治神宮と緑に囲まれた千駄ヶ谷の街。

JRの駅からは5分ほどの一軒家の2階。

そこに、小さなリラクゼーションスペース
「クレニオセイクラルセラピー はるのいざない」はあります。

頭の一休み

「はるのいざない」では、クレニオセイクラルセラピーという、まだまだ知らない人も多いボディーワークを提供させて頂いております。

 

クレニオとは頭蓋、セイクラルとは仙骨。

神経系の中枢、脳と脊髄は一番外側を厚くて丈夫な膜で覆われています。

この硬膜といわれる膜の中では、脳や脊髄に栄養を与えるとともに、老廃物を除去する悩脊髄液が生産・循環・再吸収されています。

 クレニオセイクラルセラピーは、ごくごくソフトなタッチで、このシステムに働きかけていくセラピーです。

 

長い自己紹介となっておりますが、ああでなければいけない、こうでなければいけないと、頭ばかりが暴走していた私にとって、再び体との繋がりを取り戻していくきっかけとなったボディーワークとの出会いはとても大きなものでした。

なかでも、頭に触れられているだけで深いリラクゼーションへといざなわれていくクレニオセイクラルセラピーには大変、助けられました。

 

初めてセッションを受けたのは25年前。

皆と歌い、飲んで語る。

そんな当たり前のことが、当たり前に出来なくなる日が来るなんて想像もしていませんでした。

 

けれど、相反する情報が次から次へと入ってくるこんなときだからこそ、頭を休め、自分の体に寛いでみませんか?

 

2021年6月13日

 

秋山 晴枝

                    


◎お飲み物が必要な方はお持ち下さい。

◎着衣での施術となります。

仙骨部にも触れていきますので、ゆったりとした、出来ればGパンやスカートではない服装でいらして下さい。(お着替えも出来ます。)

施術時、貴金属は可能な範囲でお外し頂ければと思います。

 


庭の木瓜