タッチ&レイキ

★レイキ

 

初めて聞く方もいらっしゃると思いますが、レイキは手当てによるヒーリングです。

 

大正時代、臼井甕男(うすいみかお)氏によって発見されたと言われております。

1922年に、臼井氏が霊山・鞍馬山にて断食を行った21日目に、雷に打たれたような衝撃を受け気を失い、気がつくと、手から強い気が出るようになっていて、傷口に当てると速やかに治ったという話を聞いたことがあります。

この話の全てが真実かどうかはわかりませんが、先生の治療院には連日多くの人が訪れていたそうです。

 

しかし、臼井氏が亡くなられ、終戦を迎えてから、日本国内においてレイキは一気に衰退していきました。

 

ところが、臼井甕男氏の直弟子林忠次郎氏からレイキを伝授された、ハワイ在住の日系人高田はわよ女史によって、日本国外では、レイキが広がっていくこととなったのです。

 

そして、現在、西洋では、レイキを治療に取り入れている病院が数多くあると聞いております。

 

では、レイキとは何かといいますと、中国では「気」、そしてインドでは「プラーナ」と呼ばれているものと思って頂いて良いかと思います。

 

師であるスワミ.D.アルパン氏の言葉を引用させて頂きますと「宇宙を誕生させ、太陽系を生み、自ら進歩し続ける私達生命を地球にもたらしたエネルギー。或いは新しい星が誕生したり、ブラックホールが生まれたり、宇宙で起きるすべての出来事のベースとなる根源的エネルギー」、宇宙創造エネルギーのことです。

 

私が、卒業しました、あん摩マッサージ指圧師の養成学校では、ただそっと手を当てプラーナを流すことの重要性も教わりました。

 

マッサージを行っているときも、揉む手を止めて暫く手を当てていた方が良いと感じることがあります。

 

もう一度アルパン氏の言葉を引用させていただきますが、「中心から外れ、全体から分離し、リズムを失うことが全ての不調の原因です。」

 

レイキは、再び宇宙の中心と繋がり、源のリズムを取り戻すことを助けてくれます。

 

もう一人のレイキの師は、「宇宙は私たちを癒そう癒そうとして止まない」という文章を、よく書いていらっしゃいました。

★タッチ

 

尊敬するアヌブッダ氏等が始めたアルーンコンシャスタッチというセッションからは、今も沢山のことを学ばせて頂いています。

 

私があなたにタッチしているとき、同時に、私の手はあなたからのタッチも受けています。

 

多くの人の身体は、感情とともに封印した衝撃によって生じた過去のエネルギーを複数抱えています。

事故によるものかもしれませんし、誰かの言葉によるものかもしれません。

 

互いのありのままを受け入れるタッチによる交流は、それらのエネルギーに変化をもたらすこともあるのです。

 

関心のある方は、ARUN CONSCIOUS TOUCH JAPANのホームページもご覧くださいませ。